今を自由に、HAPPYに。

"今"を生きたいです。ひとりひとりの思いが自由に伸びる世界が素敵だなと思っています。そこに向かうための私の気づき集。イベント感想や可愛いもの、ハンドメイドを中心に書いています。日々のことも。

フェイクスイーツアーティストになりたい

こんにちはたけだりなです。
夢についてちょっこり書く夜。


vinylmuseumのあさぎーにょブースに自分で作ったケーキを連れていって勝手にコラボしました♡

私は今サーティワンと並行して
フェイクスイーツというものを勉強しています。

フェイクスイーツって、
大枠では本物じゃないお菓子のこと。
それを粘土やその他様々な材料を用いて作ってます。


食品サンプルのことだと勘違いされる方もいますが、フェイクスイーツは個人で製作可能な点、材料が多岐に渡る点、作者の個性や情緖が反映される点などが食品サンプルとの相違点だとわたしは考えてます。
わたしからしたらこの二つは全くの別物!


食べたら消えてしまうお菓子を
ずーっと眺めていられたら…っていう、
儚さを永遠にする精神性がとても魅力だと思っていて。

少女性に響くロマンティックでスイートな世界観があるんです。



サーティワンも繁忙期でバタバタしてる中、フェイクスイーツも試験が次々にあって、もうわたしは締め切りやなんだでてんやわんやなんですけど、好きなことをやってるので、なんだか夢中です。楽しいです。
だけど、体は正直なので疲れる時もあります。笑



将来、フェイクスイーツを使ってなんか面白いことしたいなとか考えながら…


フェイクスイーツを作るプロの資格を持つ人をクレイパティシエールと言って、わたしは今それを目指してるわけですが、資格ってそのものよりも、それをもってなにをするかが大切なこと。


持ってて何もしないことだってできるし、例えば講師になることだってできるし、作家として活躍してすることもできる。


だけど、
わたしはイマイチ講師とか作家とかはピンときてなくて、フェイクスイーツを自分の中の何本かあるうちのひとつの軸として、他の軸と掛け合わせながら、大人数でわいわい楽しくクリエイティブな時間を生み出すなにかがしたいなあとか思ってます。


講師とか作家さんとか出来たらいいんだけど、なんせ人に教えるの苦手だし(感覚派だから)、同じ物何回も作るのも苦手(飽き性)…
なため、既存のクレイパティシエールの枠の中で自分がわくわく生きてる像はあんまり想像できない(笑)

できる限り好きなことや得意なことをメインに生きていきたいので、わたしはわたしに合ったことをつくっていけたらなと思う今日この頃です。


先日クレイパティシエールとしてどのように活躍したいですか?という質問に対しては、「フェイクスイーツアーティスト!」と答えたくらいには漠然としてます。
もっと具体的に描きましょうと添削されました当たり前よね。笑


もしここまで読んでくださった方がいたらありがとうございます。
一緒になにか楽しいことしませんか?



たけだりな
Instagram:@rina_t_sweet
@

小田和正ツアー ENCORE 6/26

小田さんのコンサート人生で2回目、
いってきました!

母がオフコース時代からファンなので、
私も生まれる前から小田さんを聴いて育っています。

車の中はいつも小田さんが自然の音のように流れていて、無意識のうちに小田さんの音楽が私の体の中には蓄積されています。

だから、曲名を言われてもピンとこないけど、
曲が流れたらいっしょに歌える。
自分の中から音楽が湧き上がってくるみたいにするすると意識の上にあがってくる。


小田さんはもう70才だけど、
ステージ上を駆け回ってくれるし、
(多分私より速い、笑)
3時間にも及ぶコンサートをひとりで歌い続ける。
それもどんどん声が広がっていく。


お母さん世代はトイレ休憩が必要なので(笑)
間に、小田さんのご当地紀行のVTRがいつも入るのですが、その時の小田さんが本当に毎回面白い。笑
自分と同じ年齢くらいの女性集団に「あ、ババア軍団きた。」とか(笑)
でも小田さん普通に50代くらいに見えるんだよなあ若い若い。
曲の合間にも一言二言話すときも、その短い言葉が、これぞウィットに富んだ!って感じで、チャーミングなんですよねえ笑



そんな感じで笑いもありつつ。


いつもは音で聴いてる小田さんが、
コンサートでは歌詞も目の前にあるから、
より意味や絵が鮮明になって、
強く音楽が湧き上がってきて、
涙が止まらなくなります。


今回、上の方の席だったんですけど、
下を見ると、おばさんおじさんたちが、
それはそれは楽しそうにノリノリになってたり、
さっきまで座っていた人がある曲では立ったり、
とても高齢の方が、一生懸命手拍子してたり、
なんだかね、そういう光景を見ているだけでもまた涙が溢れてきますよね。


音楽でこんなにもたくさんの人にパワーを湧き上がらせるってすごいなあと思いました。
私も負けてられない!って思いました。
って母に言ったら笑われました(笑)


私の好きな曲は、
『そんなことより幸せになろう』
です。


お母さん、コンサート連れてってくれてありがとう。


武田莉奈

最近食べたチョコミント

チョコミント商品を見たらとりあえず即購入するくらいのチョコミン党です。
今年はチョコミン党が思わず拍手してしまうくらい、どこのコンビニ行っても新商品が次々と発売されていますね。

まとめてレビューとかもしたいですが、
一旦食べたチョコミントを集めてみます。











めちゃおいしい。

結構おいしい。チョコ推しかと思いきやミントも割と主張あり。

あとは
ガリガリ君
・BAKE
・小枝
・LOOK(新作じゃない方)
・DARS
・ローソンのチョコミントタルト
セブンイレブンのミントチョコクランチ
ブラックサンダー
も食べました。


とりあえず毎回、
「結局チョコミントはアイスの一人勝ちやな。」
と独り言いってしまうんですけど、

この中でもオススメは、
・BAKE
・ファミマのパンケーキ
・セブンのどらソフト
・もちもちショコラ
キャラメルコーン
(ミント感めちゃ薄いけどキャラメルコーンが好きだから美味しかった笑)


上記はアイスじゃなくてもおいしいね!
ってなった商品たちでした。


でも最近チョコミント食べ過ぎて、
ちょっと気持ち悪くなって来たので、
適度な量の摂取を心がけたいと思います。

身長が伸びる!!♡おすすめ写真加工アプリ紹介

これが

こうなります。

最近、全身写真を撮れるようになった武田莉奈です。


顔面写真だけの自撮りはさ、
簡単に顔可愛くなるし、
角度も分かってるし、
そりゃあ沢山撮りたいよねえ♡
と、思っていた私。

だけど可愛いお洋服着てるときの、
全身写真だって撮りたい!

鏡と背後の適切な距離に壁があれば、
背中を壁につけて、
足を壁から離して上半身だけ寄っ掛かりながら鏡を自分で撮影するという姑息なスキルは持っているんですが、誰かに撮ってもらうとなると…


スタイルが…(撃沈)


ってなってました。


せっかく可愛いお洋服なのに、
なんか私のスタイルだと可愛さ半減してない?
もっと服の可愛さ伝えたいし、
あわよくば私のスタイルもよくならんかな?!


そんな風に思っておりました。


ある日、パートナーに素敵なアプリを教えてもらいました。


それがずばり、
「スプリング(Spring) - 体つき補正専門アプリ」
「スプリング(Spring) - 体つき補正専門アプリ」をApp Storeで


これ!!!
いとも簡単に体が伸びるんです!
おまけにキュッと細くもできる!!!


神アプリすぎる〜!!!



springを使えば、

before

after


156cmの私も170cmくらいのスタイルになれてる気がします!!
きゃっきゃ♡


最近会う人会う人に、
springで身長伸ばす過程を見せて感動を伝えてます(笑)



ついでに、周りの家具を消して、
キラキラつけて、
食後で化粧落ちてたからメイクも付け足せば、
ほら、なんだかテキトーに撮った写真もいい感じ風になりません?!


消すアプリ
「TouchRetouch」
「TouchRetouch」をApp Storeで

キラキラするアプリ
「MOLDIV - 写真加工、コラージュ、動画撮影」
「MOLDIV - 写真加工、コラージュ、動画撮影」をApp Storeで

メイク付け足すアプリ
「MakeupPlus」
「MakeupPlus」をApp Storeで


簡単な加工をちゃちゃっとするだけで、
本当は伝えたいけど自分のスタイルに自信がなくて伝えられなかったお洋服の可愛さを、springがあれば、みんなに伝えられる♡

私はこういう小さい負を解消して、
ちょっとハッピーになれるものが大好きなんです〜。

だから最近のイチオシは身長伸ばせるアプリspringなのでした!

ぜひみなさんも使ってみてね、
たのしくなるよ〜♪



武田莉奈

ゆるポジ♡プリンセス。〜どんな人間でありたいか〜


考えごとウィークを個人的に開催しています。
(ひさしぶりにディズニーもいったよ)


私って、どんな人間でありたい?


人は、ありたいと思った姿であれると思ってます。
なりたいと思うものになれると思う。


だからこそ、どんな人間でありたいか、を常に意識するのって大切だよな、って今日改めて気づきました。



最近ね、顔の見えぬ誰かから、ネガティブなことを言われることが重なって、落ち込んでました。
でも、それって神様がくれたポジティブチャンスなんだ!ってやっと気づけたんです。


人から言われたことを全て真に受ける必要はないです。
特に匿名の人からの意見はなおさら。
だって匿名なら人は簡単に人を傷つけられるし、適当なことを言えるから。

だけど、自分に届いたメッセージはなにかしら意味がある。
それは自分がさらに素敵になるためのヒントを含んでくれてるって思うんです。
それを日々汲み取れるように、意識を研ぎ澄ませたいです。



そこで今回私が見つけたヒントが、
私ってどんな人間でありたいか?
です!(ぱちぱちぱち)



私はね、ポジティブに生きたいと思ってるんです。
色んなことを前向きに考えられて、
毎日を生き生きとしてたい。
周りにいる人たちが私といるとなんだか明るい気持ちになるな、って思ってくれたらすごく嬉しい。

これは3年ほど前に気づいたこと。


そんな人って、まるでディズニー映画に出てくるアリエルとかラプンツェルのような、プリンセスみたいじゃない?!って思って、私はプリンセスになる!って言ってました。


だけどそれから3年が経って、
プリンセスは私の中で当たり前になったんだけど、そこから少しずつ違和感を感じるようになりました。


人間、そんなにいつも前向きでいられる…?


そんな風に思うようになります。

だってね、なんでも捉えようなんだけど、
やっぱりどうしてもポジティブになれない心の調子のときも正直ある。
もちろんそれはすべての人に当てはまると思う。

それでも、前向きに!プリンセスに!
って突き進んでいると、
どこかで自分の心を踏みにじってたり、
弱ってる人に寄り添えなかったりするんです。


なんで私は明るく頑張ってるのにあなたは頑張れないの?とか思ってしまったり…


なんか、違う。


それは私のありたい姿じゃない。



私が気づききれなかったこと、
それがちょっとした ゆるさ でした。



そう、ギッチギチのポジティブプリンセスロードじゃなくて、たまにゆるっとするのも大切なポジティブ感。

たまには、ひとりで憂鬱に浸って、休憩したくなることもあるよね!
人間なんて弱いんだから、落ち込んでもいいんだ!

そんな風に、一旦、弱ってる自分を受け入れるゆるさが必要だったんです。

自分だって落ち込んでる時に、
いろんなものに出会って、
元気をもらって、
だから今度は私がちょっと落ち込んでいる人に元気を広げられるひとになりたいって思ったから。


そうやってゆるさを持って。
だけどそのままずっとゆるゆるしてるのも違くて。
ちゃーんと、ゆるみきったら、またポジティブなプリンセスに戻る。
そんなサイクルで生きてたい。


だって、私は楽しいのが好きだし、
ワクワクしてたいし、
周りの人に喜んでもらう方が嬉しいから。



もしかして、
最近ゆるさに浸って少しネガティブになりすぎてたかもしれない、と思いました。
自分のなりたい姿から離れてたのかもしれません。

ネガティブな言葉を発してたら、
自然とネガティブなことが自分に起こる。
その逆もしかり、
ポジティブな言葉はポジティブなことを連れてきてくれる。


とっくに知っていた言葉の力。

なのにちゃんと大切に扱うのを忘れていたようです。


それを思い出させてくれたのが今回のポジティブチャンスでした。

一見、ネガティブに見えることも実はポジティブになるための材料なんだよね。
ポジティブチャンスなんです。

ポジティブチャンスって言葉、
なんかいいね。笑



そう、だからね。

私はゆるっとポジティブに生きたいです。
弱い自分も他の人も受け止めてあげたい。
だけど前向きに明るく、ワクワクして、そんな気持ちを周りにも広げていけるような人でもありたい。


私は、
ゆるポジプリンセスになりたいんです。



いいね、
ゆるポジプリンセス。

書きながら、
私がプリンセスって言葉を使いたい理由に、
さらに気づいたのでそれはまた今度書こう。



相変わらずの長い文章、
読んでくださってありがとうございます。

一緒にゆるポジ♡プリンセス、
いたら(いるかな?笑)目指したい人がんばりましょう♪



武田莉奈

育児って案外楽しそうかもしれない、と思えた話。

育児って、正直大変そう。
辛そうだしちょっと私には無理かも。
と思っていた私が、
あれ、育児って案外楽しそうかもしれない、
と思った話をします。

社会人3年目、25歳。
周りの友達にも早い人だと子供が生まれてくる。
数年上の先輩たちは出産ラッシュ。


妊娠・出産・育児というものが、
雲の上の話から、
なんとなく、
雲の下の話くらいになっているお年頃。

上を見れば、
目に入る、だけどやっぱり、
手は届かないからイマイチよく分からない。


そんなもどかしい状態から抜け出したいからか、妊娠出産育児に関する情報だけはやたらめったら入ってくる。


ただ、なぜか、
「育児は大変。」
「ワンオペ育児のつらさ。」
「夫が育児を手伝わない。」
「仕事と育児の両立の困難さ。」
不妊治療」

あれ…
聞けば聞くほど、
いや、育児って無理ゲーすぎん?
って思ってしまいます。


だから、
子供は好きだけど、
ちょっと前までは素直に言えた、
「子供欲しい!!」
が言えないし、
結婚もなんかよくワカラナイ。
ってのが正直な気持ち。


そんなお年頃なのが私と同じ世代には多い気がします。


そんなお年頃の私、
今回生後半年の赤ちゃんがいるお家にお泊りしてきました。

そしてその翌日、
1歳以下の赤ちゃん3人とその家族の皆様と共に、東京ディズニーシーに遊びに行ってきました。


結果…

とっても楽しかった!!

育児って少し、いや、結構楽しそうだぞ、
と思えました

まず生後半年の赤ちゃんがいる生活。
夕食から一晩を共にして、
翌朝ディズニーに行き帰るまでの1日を共にしました。

ディズニーには、
さらに2家族が加わり、
1歳の赤ちゃん2人がプラスされ、
赤ちゃん3人になり一緒に行動しました。



大変そうだったこと
・なにか心地よくないと泣いてしまうこと
→空腹、眠気、抱っこして欲しい…いろんな時に泣いてた。

・まだ一人で歩けないので抱っこかベビーカーは必ず必要なこと
→ディズニーみたいな長時間のお出かけは大変。

・全て赤ちゃんのペースに合わせる必要があること
→当然ながら大人が遊びたいと思っても赤ちゃんが寝ていたり、ぐずってたら遊べない。

・授乳室が意外と少なかった
→シーには入り口付近に2つだけ。奥の方にいると、毎回戻らなきゃいけなくて大変だった。

・赤ちゃんがものすごい早朝に目覚めてしまって、お母さんが寝不足。



楽しかったこと
・赤ちゃんが愛おしいこと
→お母さんお父さんたちは、ずっと「可愛いね〜」って愛おしそうな眼差しと共に言っていました。もちろん他人の私も。可愛いんです、ひとつひとつの仕草は1日中見ていても飽きない。本当に可愛い。

・見たことある景色も、そこに赤ちゃんがいるだけで急に新鮮になる。
→ディズニーという何度も行ったことある場所に、赤ちゃんがいるというだけで、新しい景色になります。赤ちゃんが何かを見て反応している、それだけでとても感動します。

・いろんな赤ちゃんがいることに気づけること
→大人になってから初めて赤ちゃんと一緒にディズニーに行きましたが、「こんなに赤ちゃんがいるんだ…!」とびっくりするくらい赤ちゃん連れの方が多かったです。そして当たり前ですが、ひとりひとり顔が違って、性格も違う。みんな違ってみんないい。愛おしい。



そう、
愛おしいんです。

大変そうなことももちろんありました。
だけど現実に赤ちゃんと家族を前にすると、それ以上にを感じる。


あれ?
なんか聞いていたみたいな、
ただただつらい、修行みたいな育児とは違うぞ…と思いました。

だってね、
みんなつらくなさそう、
というか、
めちゃ幸せそうな顔してるの!!!



あれ…もしや…
百聞は一見にしかず、とやら。
実際のお母さんお父さん、
すっごい幸せそうだよ!!!



多分不安な時とか分からないときって、
ネガティブな情報を集めやすい。


結婚♡と夢見がちでいられたのは10代までだったし、現実として事実を知ることは大切。
フルタイムで働きながら子育てする家族が当たり前になってきたからこそ、変化期だからこそ、そのリアルな大変さを伝える情報が私たちまで届くのは、理想と現実のギャップを縮めるためにもありがたいことだと思う。

だけど、実際にやってみるまでは、
理想と現実のギャップなんてなくならないし、
夢見がちでい続けても、
不安にばっかりなってても、
仕方がないなと思いました。


大変なことももちろんあるし、
幸せなことももちろん沢山ある。


それが現実だし、
家族なのかなと思います。


たった1日の出来事だったけど、
幸せな面を知れてとてもよかったです。



あと、ディズニーリゾートは、
車で行きました。
帰りは早めに帰っても赤ちゃんは疲れてるし、帰り際はぐずっちゃうことが多くて電車だと大変だと思いました。

そして3家族、
プラス他の大人も5〜6人いた今回は、
手を貸せる人が多かったから、
まだ動きやすかったと思う!

1家族だけでいくのは、
なかなか大変かも知れない。


家族以外の他の大人が周りにいて、
なにかしらお母さんお父さんの手や足の代わりになれれば、さらに子育ては楽しくなりそうです。


そんなお話でした。

ひとりだけどひとりじゃないよ

生きていると落ち込むこともありますね。
落ち込むことに、さらに落ち込むことが重なってくることもあります。

ずどーん、と気分が落ち込みます。


だけど、しばらくすると、
誰かが声を掛けてくれる。
うれしい言葉をくれる。


だから人生って素晴らしいです。


とにかく私たちはひとりなんだけど、
ひとりじゃないってところが、
人生ありがとうポイント。


私も誰かの"ひとりじゃない"になれますように。


自分のために生きながら、
ひとに感謝しながら、
誰かの助けになれたら、
さらに人生って素晴らしいです。



うん、今日も頑張りました。