今を自由に、HAPPYに。〜クレイパティシエール見習い始めました〜

"今"を生きたいです。ひとりひとりの思いが自由に伸びる世界が素敵だなと思っています。そこに向かうための私の気づき集。イベント感想や可愛いもの、ハンドメイドを中心に書いています。日々のことも。

地方移住したい都会の若者について考えた結果出た答え

 

地方移住、したいですか?

 

 

私は、あります。

田舎暮らし願望。

 

 

2014年8月に行われた「東京在住者の今後の移住に関する意向調査」でも、4割の人が地方移住を検討していたそうです。

 

 

年々、その割合は増えていってるのではないかと思う今日この頃。

 

 

先日私含め中高の友人4人で集まりました。その際4人中3人が、田舎暮らしをしたいという意見。

 

 

うちの三姉妹も3人中2人が、田舎暮らしをしたいという意見。

 

 

なんと!!

調査した2つの集まりで半数以上が地方移住に興味ありとの結果に!!!

 

 

(調査集団に偏りあり。調査人数は少ない。)

 

 

肌感覚でも田舎でのスローライフに憧れる同年代、多いなあと感じます。

 

 

 

今回調査した皆様に、「なぜ田舎暮らしがしたいのか?」を訪ねてみました。

 

 

 

・「自然の中で自由に生きたい。」

・「人間関係の煩わしさから解放されたい。」

・「満員電車で通勤するスタイルをやめたい。」

・「自給自足の生活に憧れる。」

 

 

などなどの意見が挙がりました。

 

 

 

田舎暮らしへの憧れの根本にあるのは、

 

 

都会での生活からの逃避願望

 

 

なのかな、と。

 

 

忙しいですもんね、東京。

早いですもんね、時間の流れ。

 

 

私もずっと満員電車で通勤するのは嫌です。

これ毎日やってたらストレスになるの当たり前だ。

 

 

それが地方移住という選択につながるのは、様々な情報から形成された"田舎像"のことを考えると、自然な流れなのかなと思います。

 

 

 

DASH村とかね。

トトロとかね。

イケダハヤトさんとかね。

 

 

そんなものたちが、若者の"田舎像"を作っているのではないでしょうか。

(私個人の勝手な想像ですが。)

 

 

 

一方で、冷静になれば、「多分、田舎の村などって、東京より人間関係とか煩わしい。」というのも想像できるわけです。

 

 

小規模なコミュニティですよね。

お年寄りも多いわけですよね。

伝統・しきたりとかあるわけですよね。

 

 

 

余計、逃げづらい世界なんじゃないかなと。

 

 

 

となると、地方移住したい都会の若者たちにとって、本当にあったらいいのって、

 

 

・自然溢れる適度に東京から離れた場所

スローライフに憧れる同年代で形成されるコミュニティ

 

 

 

なんじゃないかなと思いました。

 

 

 

既存のコミュニティに入っていくというより、新しいコミュニティを形成しちゃった方が、なんか良さそう。

 

 

 

そんなことを、ふわっと考えた週末でした。

 

 

 

村おこしなどの意志あって地方移住したい人は入り込めばいいと思う。

ただ、逃避願望ゆえのゆるっと地方移住層には、なかなか難しそうなのでコミュニティ形成という方法が実現すれば、それはそれでありなのかなと感じた次第です。

 

 

どうやったら、新しいコミュニティ形成できるのでしょうか。

 

 

考えてみます。